病院での気になる不妊治療の内容

不妊症になってしまったら基礎体温の測定を日課とし、病院で治療をすると良いでしょう。

一番最初の診察時に毎日の基礎体温を記したグラフなどを見せれば、決まった頻度で排卵が起きているか一目で分かるので、治療を進めやすくなるからです。

不妊症に関係する検査というのは、数々の検査項目があり、どうして不妊症になっているのかに即して差が出るため、もう一度病院へと足を運ぶことになります。

一番最初の診察ではカウンセリングをして、生理の最中以外であれば内診も実施されます。

内診では、膣内に機械を入れ、超音波を使用して子宮自体の大きさや子宮頸部を調べたり卵胞・卵巣の大きさを確認します。

内診時は、痛さを感じる可能性は低いため、不安になることはないでしょう。

なお、生理の一日目や、高温期が始まってまもない場合は、血液検査によってホルモン値を測定することが可能となっています。

ホルモン値の数値結果によって、これからの不妊症のための治療の方法が決まることになるでしょう。

しかも、排卵期になると、精子が侵入しやすいか確認をするために、子宮頸管粘液検査を行います。

性交渉のすぐ後に、子宮粘膜に加えて子宮にどれくらいの精子があるのかを調べるフーナー検査も行われます。

そして、生理直後には、造影剤を入れてレントゲンを撮る子宮卵管造影検査、そうでなければガスを注入し圧力をかけることで卵管の通気を診る卵管通期検査と言われるものも受けることになります。

こうした検査というのは、人それぞれ感じ方は違ってきますが、卵管の中に液体を入れなくてはいけませんから、大きな苦痛が伴うケースもあるでしょう。

けれど卵管に詰まりが見られる人の場合、こうした不妊症のための検査により詰まりがなくなるケースもあるので、妊娠する可能性が高くなるとも考えられています。