意外と多い!?男性が原因の不妊治療

不妊症は女性側に問題があると考えてしまう人も多いでしょうが、本当のところは男の人側に要因があるケースも多々あると言われています。

男性の不妊症の確定検査は、精液を検査でチェックするのがほとんどです。

精液検査をする場合、精液を取り出してきちんと密閉した状態で手渡しますが、自分の家でも医院でも行うことができるのです。

家のほうを選ぶのならば、病院から専用の容器をもらいますので、そこに精液を入れて検査してもらいます。

とはいえ、病院まで遠くないところに家がある人だけが自分の家で採取したものを検査に使うことができます。

取り出したあとは、即座に特定の容器の中に入れてしっかりと封をし、病院に持っていかなければなりません。

一方、病院での精液検査を選んだ人は、それ専用の別室にて精液の準備します。

精液が採取可能なよう多様な配慮があり、緊張とは皆無なスペースが整えられています。

精液検査に関しては、精子の分量や運動状態、さらには奇形のパーセンテージなどを把握し、精子のあらゆる状況をチェックします。

男性は、体調に応じて精子のコンディションが異なってきますので、結果が良くない時は再度検査を行います。

二度とも悪い結果が出たなら、不妊症と判断され治療が必要となります。

とはいえ男性が不妊症の場合でも、不妊症の治療というのは女性側に影響が及ぶことがよくあります。

精子の状態が好ましくない場合には、その状況次第では人工授精だったり体外受精だったり治療法が変わってきます。

体外受精にあたって卵子を採るということは、殊に女性には、体に負担がかかる不妊症の治療となってしまうのです。

加えて、精子が極めて少量だったり、まったく確認できないくらい深刻となれば、精巣を切開した上で精子を取り出すといったやり方もあり、この場合は男性にも負担がかかります。