一般的な不妊治療である「タイミング法」とは

不妊症の治療に際して一番に行われるのがタイミング法と呼ばれるものです。

とはいえ、どの程度の不妊症なのかに従い、こちらの治療法は省きいきなり高度治療を勧められることもあるでしょう。

タイミング法という治療は、専門機関で卵胞のコンディションや排卵日を確認し、タイミングの指導をしてもらう不妊症治療のひとつと考えられています。

状況に応じて異なりますが、何かの排卵障害が見られる際には、内服薬の排卵誘発剤が出され、卵子の育成を助けるパターンが珍しくありません。

ところが治療薬を継続的に服用してしまうと、着床の際に欠かせない粘膜が薄くなってしまうという難点が出てきます。

あとは酷い不妊症であれば、経口薬を使った治療法だけでは、卵胞の成熟に働きかけるのに十分でない場合があります。

そのような場合には、HMG-HCGと名付けられている注射を使って不妊症の治療を行います。

腕または肩にある皮下脂肪に注射を打ち、卵胞を大きくしていきます。

こういった卵胞のサイズを正常化させるためのホルモン注射は、人それぞれ状況に応じて注入量は変動するでしょう。

一般的に毎日、もしくは二日に一回は、注射を打ってもらうために病院に通わなければなりません。

加えて、細胞の成長を時折チェックして、適切な大きさまで成熟したら排卵の誘発を促す注射を打ってもらいます。

ところが注射は、注射の分量が多いと卵巣が大きくなってしまうという重大な副作用を伴います。

卵巣が膨れると腹水が生じ、ひどいときには入院して治療を行わなければならないこともありますので、医師は大変な注意を払い注射をすることになるでしょう。

それから、不妊症の治療であるタイミング法に関しては、大概が保険を使うことができるため、自己負担額が安く済むのが普通です。