冷えは万病の元!ならぬ不妊のもとです!!

不妊症の治療というのは体のあちこちに大きなダメージが及ぶので、妊娠する可能性が高い体質になれるように、体質改善を実施するのも良い方法です。 不妊症患者の多くは冷え性だとされ、卵巣や子宮まで冷たいため機能が低下しているという見方もできるようです。 したがって、いくら病院で不妊症の治療に励んでも、なかなか妊娠に至らないこともあるのです。 極力体が冷えないように気を配り、中でも下半身の冷えをなくすようにすることが重要です。 岩盤浴をはじめ半身浴やよもぎ蒸しといったものは、体をじわじわと温めてくれるため非常に良い方法でしょう。 冬季はさらに身体が冷えてしまうため、カイロを用いたり腹巻を巻いたりするのも効果があります。 加えて、甘い物をたくさん食べていたり肥満体だと、ホルモンバランスがおかしくなるため、排卵障害になる恐れが高まります。 それゆえ、適正な体重を保つことも不妊症の治療には効果的です。 カロリーには気を付けて、満腹になるまで食べるのではなくバランスの良い食事を適切な量摂取するようにして、軽い運動を行ったりすることによって、妊娠しやすい体になっていくでしょう。 さらに、どういった状態で妊娠に至っても焦らないためにも、妊娠してすぐの期間に必要とされる葉酸を摂り入れていくことも重要です。 男性側は、亜鉛を多く摂るよう心掛けることで、質の良い精子を作ることができます。 この他に、過度のストレスや睡眠があまりとれていない状態も不妊症に対してマイナスに働きます。 中でも不妊症の治療では、体と心ともにストレスを溜めてしまう恐れがあります。 特にホルモン剤は個人差がありますが、大きな副作用が生じる場合があるので、ストレスを抱えることによって治療がはかどらなくなってしまいます。 ですから、好きなことができて心穏やかにできる時間や場所を設けて、ストレスを溜め込まない生活を送ることが一番です。